旅バカ学生のつぶやき.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅バカ学生のつぶやき

現在、北米で留学中の大学生!旅行のススメや行き場のない不満などをつぶやきます

【アメリカ】ベーシックエコノミーについてまとめてみた【UA/DL/AA】

アメリカ航空事情

f:id:sun-xyz:20170318050734j:plain

 

こんにちは〜

 

 

 

昨年から今年にかけてアメリカの大手航空会社、ユナイテッド航空アメリカン航空デルタ航空ベーシックエコノミー(basic economy)という新たな運賃を導入しました。

今回はそれについて解説したいと思います。

 

 

 

 

ベーシックエコノミーとは

 

アメリカン、ユナイテッド、デルタの大手3社はフルサービスキャリア(FSC)であり、国際線であれば機内食、飲み物、荷物の預入などが無料でできます。

アメリカの国内線では、荷物の預入は有料ですが、LCCとは違って小さいスーツケースの持ち込みや、事前座席指定が無料でできます。

 

今回導入されたベーシックエコノミーは、それらフルサービスキャリアの特典にいくつか制限を加えることで、FSCに安く乗れるというとにかく安く乗りたい人向けの新しい運賃です。

 

 

三社共通の制限

事前座席指定不可

ベーシックエコノミーでは事前に座席指定をすることができず、チェックイン時に自動的に座席が割り振られます。そのため友達同士、家族同士で予約をしていても基本的には考慮されず、席が離れる可能性が高いです。 

フライトの変更、払い戻し不可

この3社では上級会員は無料、その他は有料で同日フライトへの変更が可能ですが、ベーシックエコノミーではできません。

 無料/有料アップグレード不可

アメリカの航空会社は上級会員向けに無料アップグレードや、誰でも申し込める有料のアップグレードがありますが、たとえ上級会員であってもベーシックエコノミーではそれができなくなります。 

travel-and-study.hatenablog.com

 

上級会員でも"足元の広い座席"指定不可

ユナイテッドの「エコノミープラス」デルタの「コンフォートプラス」アメリカンの「メインキャビンエクストラ」などの"足元の広い座席"は上級会員であれば無料で予約、利用ができますが、ベーシックエコノミーでは会員ランクに関わらず利用できません。

一番最後に搭乗

飛行機に搭乗する際にグループ分けがされて、グループ1の人から順に搭乗していくのですがベーシックエコノミー利用者は一番最後の搭乗となります。最後に乗ると頭上の荷物入れが自分の席からとても遠いところしか空いていなかったりします。

 

 

 

航空会社による違い

このベーシックエコノミーは航空会社によって以下のように少しづつ違いがあります。

 

デルタ航空 Delta
  • 手荷物の持ち込み、頭上の棚が無料で利用可能
  • 上級会員であっても優先搭乗不可
  • 特典マイル、会員マイルが普通に貯まる

 

ユナイテッド航空 United
  • 手荷物持ち込み不可(前の座席の下に入る手回り品のみ可)
  • マイレージプラス上級会員とその同伴者、スターアライアンスゴールド会員は手荷物の持ち込みと、頭上の荷物入れの利用が無料
  • 特会員資格マイル(PQM)、会員資格区間(PQS)が貯まらない

 

アメリカン航空 American
  • 手荷物持ち込み不可(前の座席の下に入る手回り品のみ可)
  • 13歳以下の子供は親と隣同士になるよう考慮される
  • 出発48時間前から有料で座席指定が可能
  • 上級会員は優先搭乗、手荷物の持ち込みなどが無料
  • 会員資格マイル(EQM)、会員資格区間(EQS)は通常の50%のみ貯まる

 

 

適用区間 

ベーシックエコノミーはまだ始まったばかりで、現在は限られた区間でのみ適応となっています。しかし今後より多くの区間で適応となる可能性が高いです。

(2017.3.17現在) 

ユナイテッド航空 United

ミネアポリス発着

シカゴ(ORD)、デンバー(DEN)、ヒューストン(IAH)、ニューアーク(NWR)、ロサンゼルス(LAX)、サンフランシスコ(SFO)、ワシントンDC(IAD)

アメリカン航空 American

フィラデルフィア発着

ニューオーリンズ(MSY)、シャーロット(CLT)、マイアミ(MIA)、ダラス(DFW)、フォートローダーデール(FLL)

マイアミ発着

ニューオーリンズ(MSY)、タンパ(TPA)

ダラス発着

ボルティモア(BWI)、タンパ(TPA)

その他

オーランド(MCO)―シャーロット(CLT)

デルタ Delta

不明。限られた区間のみであることは確かですが、区間は明記されていませんでした。

 

 

 

まとめ

 

このようにアメリカ大手3社はLCCに対抗するためにベーシックエコノミーの導入を進めています。区間がどんどん拡大し、もしかしたら国際線でも適応となるかもしれません。また、始まったばかりで制度の変更等があるかもしれないので、利用する際はご自身で一度確認をお願いします。

 

余談ですが、ユナイテッド航空のとある区間を見ていたところ、ベーシックエコノミー導入前後で最低運賃が同じだったので、実質値上げかもしれません(笑)

 

 

 

 

以上!!

 

 

 

 

 

【ニューヨーク】エンパイアとロックフェラーのチケットを28%offで安く買う方法

旅行の節約

 

 

こんにちは〜

 

 

アメリカの人気観光地といえばニューヨーク

 

その中でも特に人気なエンパイアステートビルロックフェラーセンターに通常料金の22%offで登る方法をお伝えします!!

 

 

通常料金はとても高い

 

まずエンパイア・ステートビルの公式ホームページを見てみると.....

 

 

f:id:sun-xyz:20170313001918p:plain

 

 

大人$34!!!

 

高っ!!!日本円にすると約3800円です($1=114円)。

 

 

 

 

続いてロックフェラーセンターの展望台、トップ・オブ・ザ・ロックもチェックしてみます

f:id:sun-xyz:20170313002909p:plain

 

日のよって変わるみたいですが、調べてみたところ大体の日にちが$34!!

 

 

 

両方行ったら$68、日本円で7700円。これは学生にとって痛すぎる出費です。六本木ヒルズの展望台が500円、あべのハルカスの展望台が1800円なのと比べるとかなり高いことがわかります。

 

 

 

New York CIty Explorer Passを使おう

 

その高い入場料をなんとか安くしたいそこのあなた!New York City Explorer Passって知ってますか?

f:id:sun-xyz:20170313004146p:plain

こちらなんとエンパイアとロックフェラーのチケットを一緒に買うと28%offの$49です! いい感じのランチ一回分、$19も安くなります。

 

 

 

購入方法

 

まずはNew York City Explorer Passのホームページから上のPackage Dealsを選択します。

f:id:sun-xyz:20170313010104p:plain

 

 

下に行くと

f:id:sun-xyz:20170313010212p:plain

これがあるのでAdd to Passをクリックして

 

右のCheck Outから名前、住所、クレジットカード情報等を入力すれば完了です。

f:id:sun-xyz:20170313004146p:plain

 

ちなみにチケットはEメールで受け取り、印刷して持っていけば大丈夫です。

 

 

他のサービスと違うところ

 

このExplorer Passの良いところは、自分の行きたいところのチケットだけを買えることです。

似たようなサービスにNew York City Passがあります。こちらだと6箇所の観光スポットのチケットが含まれているのですが、自分の行きたくないところも含まれてしまうのに加えて入場料を自分で決めるタイプのミュージアムも含まれているので、結果的に安くない可能性が高いです。

 

エンパイアとロックフェラー以外も安く行きたい方はNew York City Explorer PassのホームページからBuild Your Ownを選択して、自分の行きたいところをカスタマイズしてみてもいいと思います。

 

 

 

 

 

ニューヨークの観光スポットは全体的に高めですが、同じところに行くのに19ドルも余計に払うなんてバカバカしいですよね。賢く安く旅行しましょう!

 

 

 

以上!!

 

 

【国内線】ユナイテッド航空ファーストクラス搭乗記【無料アップグレード】

旅行記

 

こんにちは〜

 

 

ユナイテッド航空の国内線でファーストクラス無料でアップグレードされたので、その時の搭乗記です。

無料アップグレードに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

travel-and-study.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

ウキウキで空港へ

 

前日にアップグレードが確定していたので空港へ向かう足取りも軽くウキウキです。これが人生初のファーストクラスなので、国内線とは言えとても楽しみにしていました。ちなみに国内線ファーストクラス利用者というだけでは航空会社のラウンジは使えないようです。

ユナイテッドのシルバー会員なので保安検査の優先レーンを使うことができました。

 

 

優先搭乗とウェルカムドリンク

ファーストクラス利用客は一番最初に搭乗することができます。ちなみにファーストクラスに乗る場合、優先搭乗のメリットはあまりありません(笑) 強いて言えばウェルカムドリンクがゆっくり飲めることと、優越感に浸れることくらいです。

誰もいない機内に入り席につくと、ウェルカムドリンクとして何が飲みたいか聞かれ、おとなしくリンゴジュースをもらいました。ちなみにファーストクラスは国内線でもアルコールが無料で飲めちゃいます。

 

 

リアルタイムのテレビ番組が無料

ユナイテッド航空の一部の機材では、放送中のテレビ番組をリアルタイムで見ることができるDIRECTVというサービスがあります。エコノミークラスではお金がかかりますが、ファーストクラスではこれがなんと無料です!!

 

好きな番組があって、それがフライトと被っているとかなら話は別ですが、アメリカのテレビ番組しか見れないので、無料でもそんなに嬉しくないです。適当にShark Tankというアメリカ版マネーの虎をみてました。

 f:id:sun-xyz:20170317102503j:plain

どうでもいいですね(笑)

 

 

ホットタオルとドリンク

 

離陸してシートベルトサインが消えると、ホットタオルとドリンクが配られます。ドリンクは機内食が出ることを見越して白ワインをいただきました。ファーストクラスなのでちゃんとガラスのグラスです。

 f:id:sun-xyz:20170317102515j:plain

驚いたのは白ワインと一緒に出てきたナッツで、なんと普通のナッツではなく温かいナッツでした。さすがファーストクラス(笑)

 

 

機内食(夕食)

 

ファーストクラスでは時間帯と飛行時間によっては機内食が出ます。私が乗ったのは夕食が出るフライトでしたが、事前にネットで調べても、国内線機内食の夕食はほとんど情報が出てこなかったので、どんなものが出てくるのかとても気になっていました。

 

「シーフード or チキンwithライス?」と聞かれ何となくチキンwithライスを選択した結果がこちら

 

f:id:sun-xyz:20170317102608j:plain

 

「ビーフorチキン」にしても機内食選ぶのに十分な情報が与えられてないですよね。ユナイテッドの日本線でポークwithライスを頼んでカツカレーが出てきたときから、適当に選択するようになりました(笑)

 

写真からではわかりにくいと思いますが、インド風豆腐カレーとタンドリーチキン的なもので結構おいしかったです。

 

デザート 

 

食事が終わると、デザートには温かいクッキーが出てきました。日本人にはビックリするくらい甘いですが、留学で慣れていたので普通に完食して、おかわりもらっちゃいました。

 

f:id:sun-xyz:20170317102635j:plain

 

 

まとめ

 

こんな感じでファーストクラスはとても快適でした。

席や食事の違いも大きいですが、サービスがアメリカにしてはとても丁寧でエコノミークラスとの違いをとても感じました。ファーストクラス16席に対してCAが2人いたので人数的なこともそうですが、頻繁に歩き回ってゴミの回収や飲み物のおかわりなど気配りを感じました。

 

今回は無料のアップグレードだったのでとても得した気分でしたが、倍以上を払ってファーストクラスのチケットを最初から買うかというと、そこまでの価値はないかなっていうのが本音です。

捨てるほどお金を稼ぐようになったら、また乗りたいと思います(笑)

 

 

以上!!

 

 

 

 

 

travel-and-study.hatenablog.com