旅バカ学生のつぶやき.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅バカ学生のつぶやき

現在、北米で留学中の大学生!旅行のススメや行き場のない不満などをつぶやきます

交換留学が一番!正規留学や語学留学よりもオススメする理由

 

こんにちは〜

 

 

留学と一言で言っても様々なタイプがあります。

語学学校に通う語学留学、海外の大学で学位を取る正規留学、協定校に一年や半年留学する交換留学などなど、、、

それぞれのメリットやデメリットがあり迷うところですが、今回は交換留学が絶対に良いぞっていう記事です。

 

※アメリカに交換留学してる自分の意見なので多少の偏見はご容赦ください。あと海外で就職したい人は正規留学が一番だと思います。

 

 

海外の大学に学費を払わなくていい

交換留学では基本的に現地の大学に学費を払わずに、日本の大学に払います。特にアメリカの大学は現地生でも一学期50万円、正規留学の留学生だとその倍近く払わないといけない場合もあるので、交換留学はとてもお得感があります。

そんな高額の学費で作られた施設を日本の学費だけで使えるのは本当にラッキーです!

 

現地人学生と友達になれる

語学留学よりも交換留学がオススメな理由は現地の学生と友達になれることだと思います。

語学学校にもよりますが、大学付属の語学学校に行ったとしても授業や建物が全く別なので、現地学生と接することができる機会がほとんどないです。あったとしても日本に興味がある学生などに限られてしまい、日本のことをほとんど知らないような学生と交流するという貴重な機会が得られません。

海外に長期滞在するにも関わらず、日本人やその他の海外から人と接することしかできないというのはとても勿体ないです。

 

個人的な話になってしまいますが、日本のことをほとんど知らないアメリカ人は多いです。日本でテレビを見ていると「海外からの日本への関心が高まっている」などといったことを目にしますが実際は「東アジアの一国」くらいにしか思ってない人が多いです。日本のどこ出身か聞いてくる割に大阪を知っていればいい方で、みんな東京しか知りません。

私達、日本人から見たイタリアみたいな感じでしょうか。

「ピザとかパスタは好きでよく食べるし一度行ってみたいとは思ってる。けれどもローマとかミラノみたいな主要都市の名前しか知らないし都市の位置関係も微妙。イタリア国内でどんなことが起きてるかとかは全く知らないし、フランス人とイタリア人の区別なんかつかない」

こんな感じで日本のことを全く知らない人と接するというのはとても貴重な機会ですし、そういう人たちと仲良くなるというのはとてもおもしろいです。

 

人生の夏休みを楽しみつつ留学

日本の醍醐味といえば人生の夏休みだということです。特にアメリカの大学では課題の量が多く、日本のように人生の夏休み感はほとんどないです。

しかし交換留学であれば3年かそれ以上を夏休みな日本の大学で過ごし、一年を海外の大学で外国人と共に切磋琢磨するというすばらしいバランスの大学生活を過ごすことができます。

 

自分の成長率が一番高い

4年間留学に行くことで得られる成長はこのようなグラフに表せられると思います。

f:id:sun-xyz:20170415131132p:plain

最初の方は毎日が新しいことの勉強で、語学力だけでなくさまざまな面で成長しますが、慣れてくると新しいことが少なくなり日々の成長が少なくなるということです。日本の大学生で例えると、大学入りたての一年生と、すでに一年を大学で過ごした2年生では経験や見た目など大きな差がありますが3年生と4年生はそこまで差がないっていうのと同じです。

このグラフからわかるのは最初の一年で4年間の約半分の能力を得られるということです。

例えば4年間留学した人でも最初の一年は友達作りや語学、生活面などで多くの発見や、できなかったことができるようになる経験が多いですが、慣れてきて3、4年目になるとそういった成長が少なくなると思います。

留学の中でも最も成長する一年を経験できるというのは交換留学の大きなメリットです。

 

すべてのいいとこ取り

交換留学は全てにおいていいとこ取りです。

少ない学費で素晴らしい施設が使えて、現地学生に混ざって最も成長する一年間を過ごせる上に、人生の夏休みも楽しめるという最高の留学制度が交換留学です。

特に語学留学か交換留学で迷っている人は、今からすこし頑張って交換留学を目指すべきです。現地人と交流することが語学面でもそれ以外でも一番成長できる方法であることは間違いないです!

 

費用対効果が最高な交換留学に決まり!!

 

 

以上!!